旅行

島根県立美術館のうさぎに入場料は必要?幸福を招くうさぎは2番目に!

島根県立美術館のうさぎに入場料は必要?幸福を招くうさぎは2番目に!

「島根県立美術館のうさぎの入場料はいくら?」と思っている方もいるのではないでしょうか?

島根県立美術館といえば「宍道湖うさぎ」や「宍道湖の夕日」などが有名な観光スポットです。

「宍道湖うさぎ」は12羽いる中の1羽を触ると幸せが訪れると言われていて、しじみをお供えするというのも効果があるとされています。

今回は「宍道湖うさぎを見たい!」という方に、「島根県立美術館のうさぎの入場料がかかるのか」を調べてみました!

他にも島根県立美術館の見どころをご紹介するので、あわせて参考にしてみてくださいね!

島根県立美術館のうさぎの入場料は?

島根県立美術館のうさぎの入場料についてですが、無料で入ることも出来ます。

島根県立美術館は「野外彫刻」という、美術館の外に飾られているオブジェなどのコーナーは外からそのまま入れてしまうのです。

壁などの隔たりがなく、宍道湖周辺の敷地なのかなと思うくらい自然につながっているからというのもあるかもしれませんね。

「本当に無料で入っていいの?」と思っている方もいると思うので調べてみたところ、公式サイトに「野外彫刻」は観覧券がなくても無料で入ることが出来るエリアということでした。

 

島根県立美術館は「宍道湖うさぎ」の他にも、「コレクション展」「企画展」など年間でいろいろな展示品を楽しめる展覧会もあるのでおすすめです!

島根県立美術館の観覧料を載せておくので、「島根県立美術館の中の作品も鑑賞したい!」という方は参考にしてみてくださいね!



■企画展

一般1,000円
大学生600円
小中高生300円

■コレクション展

一般300円
大学生200円
小中高生無料

■企画展・コレクション展セット

一般1,150円
大学生700円
小中高生300円

■ミュージアムパスポート(年間パスポート)

一般3,000円
大学生1,800円
小中高生900円

※対象スペース:企画展・コレクション展

1階貸出スペースは対象外

料金は「当日券」「年間パスポート」のみの料金です。

「割引」や「無料」の条件・その他の詳細は公式サイトより随時ご確認ください。

幸福うさぎを触ると幸せが訪れるかも!

島根県立美術館のうさぎの入場料についてご紹介しましたが、お分かりいただけたでしょうか?

次は「宍道湖うさぎ」の中にいる「幸福うさぎ」についてご紹介します!

幸福うさぎは前から2番目!

まず、「幸福うさぎ」は島根県立美術館の野外彫刻スペースにある「宍道湖うさぎ」という作品の中にいます。

「宍道湖うさぎ」の作品に到着すると、12羽のうさぎが宍道湖に向かって並んでいます。

「幸福うさぎ」はその12羽の中の「前から2番目」のうさぎのことです!

幸福うさぎを「西向き」に向いたまま触ると幸せが訪れると言われています。

確かに2番目の「幸福うさぎ」のみたくさん触られているらしく、像が擦り減っていましたね。

見た目も触れられていて丸みがあり、触るとつるつるしていましたよ~!

幸福うさぎにしじみをお供えすると幸せになれる?

「幸福うさぎ」を西向きに触ると幸せが訪れると言われていますが、実はもう1つ幸せが訪れるかもという方法があるのです!

それは「幸福うさぎ(宍道湖うさぎの2番目)にしじみをお供えする」という方法です!

私が行った時も、幸福うさぎにたくさんのしじみがお供えされていました。

しじみの殻のみをお供えしている方が多いので、みなさんもしじみの中身を食べたあとにお供えしてみてくださいね!



島根県立美術館の見どころは?

島根県立美術館の幸福うさぎについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ここからは、島根県立美術館の見どころについてご紹介します!

宍道湖の夕日は沈む直前がおすすめ!

島根県立美術館の目の前には「宍道湖」という湖があります。

「宍道湖の夕日」というのは、宍道湖と夕日だけではなく、夕日をバックにした「嫁ヶ島のシルエット」「日没時の宍道湖の水平線」も見どころな絶景スポットなのです!

ちょうど日没する30分くらい前から宍道湖を見ていましたが、「宍道湖+夕日+嫁ヶ島」の組み合わせがとてもきれいでしたよ!

あとは、日没時に夕日が宍道湖に沈んでいく景色が1番きれいだと思います!

 

私は11月に見に行きましたが、真っ赤な夕日が見える時間から日没までの時間は限られています。

天気によってもきれいな夕日が見られないこともあるので、宍道湖の夕日を見に行く日などに天気や日没の時間を確認しておいた方がいいですね!

日没の情報は、松江観光協会の公式サイトなどで確認出来るので、ぜひ活用してみてくださいね!

レストランや館内からも夕日や景色を楽しめる!

「宍道湖の夕日」についてご紹介しましたが、実は島根県立美術館の館内やレストランからも「宍道湖の夕日や景色」を楽しむことが出来るのです!

■島根県立美術館の夕日スポット

・1階「エントランスロビー」 無料

・1階「レストラン ベッキオロッソ」 無料

・2階「展望テラス」

「無料」とある夕日スポットは観覧券がなくても入ることが出来ます。

 

まず「エントランスロビー」は、入口から前方にあります。

宍道湖に面した部分がガラス張りになっているので、「美術館の中でゆっくり見たい!」という方におすすめです!

次に「レストラン ベッキオロッソ」も店内がガラス張りになっているので、レストランで料理を楽しみながら宍道湖の夕日を見るのもいいですね。

日没以降も営業しているので、宍道湖の夜景を見ることも出来ますよ!

「展望テラス」は観覧券がないと入れない場所ですが、外に出て宍道湖の夕日を見ることが出来ます。

場所も2階にあるので全体を見渡すような景色を楽しめますね!

まとめ

島根県立美術館のうさぎの入場料や幸福うさぎなどについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

島根県立美術館は「宍道湖うさぎ」がやはり有名ですね!

他にも「宍道湖の夕日」も目の前で見ることが出来るので、日没の予定時刻に向けて行くのもいいと思いますよ!

島根県立美術館は、期間限定の展示会なども行っているので、興味がある方はぜひ観覧してみてくださいね!

ABOUT ME
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
都内在住のうさぎです❀ webの会社を経験後、今はフリーで働いています。 10年ほど前から一人旅や旅行に行くのが好きで、最近は2、3か月に1回のペースで関東近郊を中心に自然があるところに出かけています。 プロフィール詳細