旅行

大阪から足立美術館まで電車や車でのアクセスは?神戸からの行き方も紹介

大阪から足立美術館まで電車や車でのアクセスは?神戸からの行き方も紹介

「大阪から足立美術館まで電車・車・バスのアクセスはどうやって行くのだろう?」と思っている方もいるのではないでしょうか?

足立美術館の見どころは日本一の日本庭園や日本画・陶芸といった所蔵品です。

庭園は四季折々で違う姿を眺めることが出来ますし、春・夏・秋・冬と季節に合わせて年4回の展示替えを行い、テーマの異なる展覧会を鑑賞することが出来ます。

今回は「大阪から足立美術館までの行き方が知りたい!」という方に、大阪から足立美術館まで電車・車・高速バスのアクセス方法についてご紹介します!

神戸から足立美術館までのアクセス方法や足立美術館の割引の種類についてもご紹介するので、あわせて参考にしてみてくださいね!

大阪から足立美術館までのアクセス方法は?

大阪から足立美術館までのアクセス方法について「電車」「車」「高速バス」に分けてご紹介します!

アクセスによって料金や所要時間が変わるので、あなたに合った行き方を見つけてくださいね。

電車の場合は新幹線・特急を利用しよう!

大阪から足立美術館まで電車で行く場合のアクセス方法はこちらです!

JR新大阪駅(新幹線)→JR岡山駅(特急やくも)→JR安来駅(無料シャトルバス)→足立美術館

今回、区間は「新大阪」から「足立美術館」までという設定です。

最寄り駅は「安来駅」なのですが、安来駅から足立美術館まで徒歩(約2時間)で行くには厳しいので通常はバスを利用して行きます。

 

■JR新大阪駅からJR安来駅

所要時間
約3時間20分(最速)
料金
9,500円

※乗り換え時刻によって所要時間は約4時間か約4時間20分

 

■JR安来駅から足立美術館

無料シャトルバス

所要時間
約20分
料金
無料

イエローバス

所要時間
約20分~25分
料金
大人:200円
子供:100円
小学生以下:無料

※1日フリー乗車券の場合は500円

 

まずJR新大阪駅からJR岡山駅までは「新幹線」・JR岡山駅からJR安来駅までは「特急やくも」を利用します。

ここで注意したいのが、JR岡山駅から乗り換えるとき時刻によって電車を待つ時間が変わるということです。

乗り換えがスムーズに行く場合の所要時間は約3時間20分です。

しかし、乗り換える時刻によっては約4時間か約4時間20分とけっこう時間が空いてしまうので、事前に新幹線と特急の時刻を確認してから行く時間を決めた方がいいですね。

 

次にJR安来駅から足立美術館までは「バス」を利用します。

バスの種類は「無料シャトルバス」「イエローバス」をという2種類があります。

まず無料シャトルバスとは、JR安来駅と足立美術館を往復している専用のバスのことです。

30分くらいの間隔で出ていますし料金も無料なので、乗れるようなら無料シャトルバスがおすすめです!

・無料シャトルバスは事前予約が出来ません。

帰りの「整理券」は確保しておきましょう。

・荷物を乗せるのが難しい場合、乗車が出来かねることがあります。

・その他の詳細や注意事項は公式サイトより随時ご確認ください。

無料シャトルバスの注意点は、帰りのバスのみ「整理券」があるということです。

足立美術館から出発する直前などに整理券を確保しようとすると、目当ての時間の整理券はなくなってしまう可能性があります。

足立美術館に到着したら、チケット購入時に整理券を確保することをおすすめします!

 

次に「イエローバス」についてですが、イエローバスとは安来市を循環している有料バスのことです。

足立美術館の最寄りのバス停は「鷺の湯温泉・足立美術館」というバス停です。

バス停の場所は「県道45号」に面していて、降りると足立美術館の建物が視界に入ってくるので、そこから1、2分歩いたら到着です!


車は有料道路を利用

次に車でのアクセス方法ですが、今回は出発地が「新大阪駅」・目的地が「足立美術館」という設定でご紹介します!

出発地が違う場合は、あなたが出発する場所を設定してくださいね。

おすすめルート:国道423号/府道2号→中国自動車道→府道10号/国道176号→米子自動車道→山陰自動車道/国道9号→県道334号/県道45号→足立美術館

所要時間:約3時間30分

料金:中国池田IC ETC 約5,700円 現金 約5,700円

豊中南IC ETC 約6,100円 現金 約6,300円

新大阪駅から近いインターチェンジ(IC)は「中国池田IC」「豊中南IC」です。

上記に中国池田ICと豊中南ICの料金がありますが、所要時間や距離も中国池田ICの方が少し良かったので、交通状況に問題がなければ「中国池田IC」でいいかなと思います。

足立美術館から近いICは「安来IC」です。

国道423号は大阪の市街地を抜けるまで人や交通量も多いですが、市街地を抜けると高速道路や県道などの道を進み続けることが多くなるので、分岐点や高速道路などの出口さえ間違えなければアクセスしやすいと思いますよ~!

交通状況などにより所要時間や最適なルートが変わる場合があります。

当日は状況に応じたルートでお出かけください。

高速バスは会社によって停留所や所要時間が変わる

次はバスのアクセス方法についてご紹介します!

大阪から足立美術館のアクセスは「高速バス」を利用します。

今回はバスツアーではなく、高速バスの往復のみについてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

主な高速バス会社

・日本交通

・阪急バス

・一畑バス

・中国ジェイアールバス

■日本交通

所要時間
約3時間30分
料金
大人(中学生以上):約5,000円
小人:約2,500円

※回数券 大人のみ(6回分・片道あたり) 約26,000円

 

日本交通の場合、足立美術館から近い停留所は「米子営業所」か「米子駅前」です。

停留所から足立美術館までのアクセスは、JR米子駅からJR安来駅まで1駅行き、JR安来駅に着いたらバスに乗り換えて到着です!

「なんば便」「梅田便」「神戸便」「夜行便」と4種類の便がありますが、それぞれの便ごとに始発が変わります。

なんば便は「弁天営業所」「なんば(OCAT)」・梅田便は「大阪梅田」・神戸便は「三宮バスターミナル」・夜行便は「なんば(OCAT)」です。

帰りの便の始発は「米子営業所」「米子駅前」です。

上記の場所を利用する方が多いかもしれませんが、便によっては停車しない箇所もあるので公式サイトは随時ご確認くださいね。

トイレも増便以外のバスであればあるようなので、所要時間や料金などを比べるとおすすめなバス会社です!

 

■阪急バス・一畑バス・中国ジェイアールバス

所要時間
約4時間30分
料金
大人:約4,300円~6,300円
小人:約2,700円

 

「阪急バス」「一畑バス」「中国ジェイアールバス」は、発車オ~ライネットというバスの予約サイトから一括で見ることが出来ます!

大阪の場合始発は「大阪(阪急三番街)」「新大阪」「千里ニュータウン」、足立美術館から近い停留所は「JR松江駅」です。

料金は平日より休日の方が割高になりますが、「早売5」から予約すると通常運賃より500円ほど安くなりますよ~!

こちらもトイレがついているので、あなたの条件に近いバス会社を選んでみてくださいね!


神戸から足立美術館までのアクセス方法は?

大阪から足立美術館まで電車・車・高速バスのアクセス方法についてご紹介しましたが、お分かりいただけたでしょうか?

次は神戸から足立美術館までのアクセス方法についてご紹介します!

新幹線や特急・快速を利用しよう!

まず神戸から足立美術館まで新幹線でのアクセス方法をご紹介します!

今回は出発地「JR神戸駅」・目的地「足立美術館」という設定なので、出発地が違う場合はあなたの条件に合わせて見てくださいね!

JR神戸駅(快速)→JR姫路駅(新幹線)→JR岡山駅(特急やくも)→JR安来駅(無料シャトルバス)→足立美術館

所要時間
安来駅まで:約4時間~4時間30分
安来駅から:約20分
料金
約8,200円
※JR安来駅から無料シャトルバスを利用した場合

JR神戸駅(快速)→JR明石駅(特急)→JR鳥取駅(快速か特急)→JR安来駅(無料シャトルバス)→足立美術館

所要時間
安来駅まで:約4時間10分~50分
安来駅から:約20分
料金
約7,600円~8,900円

※JR安来駅から無料シャトルバスを利用した場合

 

新幹線の場合、新幹線のみではなく「特急」や「快速」も併せて利用します。

姫路経由・明石経由どちらも乗り換えの待ち時間によって、所要時間も変わりますね。

明石経由の場合は、JR鳥取駅での乗り換えが「特急」か「快速」どちらを利用するかによって、所要時間と料金が変わります。

所要時間と料金どちらも条件が良いのは「快速」の方なので、乗車する時間に快速があればそちらを利用することをおすすめします!

 

足立美術館の最寄り駅は「JR安来駅」です。

JR安来駅からは無料シャトルバスで20分ほどで足立美術館に到着です!

車はカーナビなどが必要

次に神戸から足立美術館まで車でのアクセス方法についてご紹介します!

今回は出発地は「神戸市」・目的地は「足立美術館」という設定になっているので、出発地が異なる場合はそれぞれの場所に合わせて見てみてくださいね!

おすすめルート:国道2号→阪神高速3号神戸線→第二神明道路→国道2号→播但連絡道路→国道312号→中国自動車道→米子自動車道→山陰自動車道/国道9号→県道334号→県道45号→足立美術館

所要時間:約3時間20分

料金(普通車):ETC 約4,300円~約5,600円 現金 約6,500円

まず神戸駅から近いIC(インターチェンジ)は「柳原IC」「京橋IC」で、足立美術館から近いICは「安来IC」です。

 

阪神高速3号神戸線を通っている間に「姫路」という看板が出てくるので、その方向に行ってください。

国道2号から姫路バイパスに入ると「福崎」と「姫路バイパス」に分かれるので、左の「福崎」方面の看板に進み播但連絡道路に入ります

福崎南ICに入るときも分岐するので、左の「中国道/福崎北」に進みます。

中国道路をずーっと進むと「米子道」と「中国道」の分岐点があるので、左の「米子道」に進み、米子自動車道に入ります。

米子IC(料金所)を出たら左の「山陰道 松江/米子市街」の看板の方に進みます。

山陰自動車道をずーっと進むと分岐点の左に「安来 出口」という看板があるのでそのまま進み、料金所を抜け県道334号に入ります。

県道45号に切り替わったら大きな十字路があるのでそこを「左」、あとは道なりにずーっと進むと県道180号と交わる十字路があり、そこに足立美術館の看板が見えるので、看板の矢印どおりに「左」に進むと到着です!

まず、神戸から足立美術館までのアクセスはカーナビなどが必須だと思います。

分岐点(ジャンクション)が多く、どちらに曲がるか迷うような場所が多いですね~。

カーナビなどの指示どおりに行けば問題ないと思うので、マイカーを持っている方は車でのアクセスでもいいと思いますよ!

交通状況などにより所要時間や最適なルートが変わる場合があります。

当日は状況に応じたルートでお出かけください。



足立美術館の割引はある?

足立美術館の混雑予想ということで、混んでいる時間帯・空いている時間帯をご紹介しましたがお分かりいただけたでしょうか?

次は足立美術館の入館料の割引について「足立美術館以外の外部で得られる割引」「足立美術館が定めている割引」に分けてご紹介します!

足立美術館以外の外部で得られる割引

・JTB(コンビニチケット・ネット申込)

・縁結びパーフェクトチケット

・ぐるっと出雲路ご縁PASS

足立美術館が定めている割引

・障がい者割引

・学生と引率者の割引

・会員割引

数百円の割引や提示すると受けられるサービスなど条件はさまざまですが、どの割引サービスもお得になるのでぜひ利用してみてくださいね。

まとめ

大阪から足立美術館まで電車・車・高速バスのアクセス方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

電車の場合新幹線や特急を利用しますが、どのアクセス方法も順調に行けば3時間半と比較的行きやすい距離ですね!

神戸から足立美術館までのアクセスも、新幹線・特急・快速を利用して行きますが、所要時間は4時間半以上と少し長くなるので、「車の運転に慣れているよ!」という方は車で行くのもいいのかなと思います。

足立美術館の割引は種類が豊富です!

数百円割引されたチケットを購入するか、付帯されているサービスを利用するかあなたに合った割引方法を利用して、足立美術館の日本庭園や日本画・陶芸・童画などの所蔵品を堪能してくださいね!

ABOUT ME
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
都内在住のうさぎです❀ webの会社を経験後、今はフリーで働いています。 10年ほど前から一人旅や旅行に行くのが好きで、最近は2、3か月に1回のペースで関東近郊を中心に自然があるところに出かけています。 プロフィール詳細