旅行

足立美術館の所要時間は?混雑する時間帯や館内の見どころも紹介!

足立美術館の所要時間は?混雑する時間帯や館内の見どころも紹介!

「足立美術館の所要時間はどのくらいかかるの?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

足立美術館は日本一の日本庭園や近代から現代の日本画・陶芸・童画などを鑑賞することが出来ます。

全体的に見どころが多く、お土産屋さんや喫茶店も充実しているので思ったより長く過ごしているということがあるかもしれませんね。

そこで今回は「足立美術館を回る時間が知りたい!」という方に、足立美術館の所要時間の目安をご紹介します!

他にも混雑予想・入館料の割引・見どころなどもご紹介するので、あわせて参考にしてみてくださいね!

足立美術館の所要時間は?

「足立美術館の所要時間が知りたい!」という方に、日本庭園と所蔵品(日本画・陶芸など)ごとに必要な時間の目安をご紹介します。

これから行く予定があるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!


人によって見る時間は変わる

まず足立美術館の所要時間についてですが、鑑賞する速度や範囲で違ってくるようです。

日本庭園:1時間以上

展示作品:1時間以上

所要時間の目安(全体):1時間~2時間以上

足立美術館の日本庭園のみを観賞したいという方であれば、1時間くらいで回ることも出来ます。

庭園以外にも横山大観の絵画などさまざまな展示作品を鑑賞することも出来るので、「日本庭園+展示作品」の場合2時間以上の時間が必要かと思います。

あとは人によって全体の雰囲気を味わう方・観たい作品が決まっている方・じっくり鑑賞する方など、見方によって所要時間はさまざまかなと思います。

館内は本館・新館・陶芸館があり充実している

庭園や展示作品のみの所要時間の目安は上記のとおりですが、足立美術館は本館以外に「新館」「陶芸館」があるので、場合によってはもう少し時間が必要になるかもしれません。

ミュージアムショップ(お土産屋さん)は本館と新館どちらにもあり、本館は庭園や横山大観をはじめとする近代日本画がデザインされた複製画・色紙・お菓子・カレンダーなどを取り扱っています。

新館は、院展作家を中心に現代日本画を中心としたオリジナルグッズを取り扱っています。

また駐車場にあるお土産屋さんでは、おやきやソフトクリームなどが食べられる甘味処「清松庵」えびのおせんべいを扱っている「EBINOYA(海老のや)」など、食品を中心としたお土産屋さんが集まっていて、新館を出たら目の前にあるので立ち寄ることがありそうですね。

このようにお土産屋さんや喫茶店なども充実しているので、興味がある方は鑑賞時間にこれらをプラスした時間を所要時間として考えてみてくださいね!

足立美術館の混雑予想!おすすめの時間帯は?

足立美術館の所要時間についてご紹介しましたが、お分かりいただけたでしょうか?

次は足立美術館の混雑状況について「混雑する時間帯」「空いている時間帯」に分けてご紹介します!

混雑する時間帯は?

まず足立美術館の混雑する要因の1つとして、ツアーなど団体の方々が来るというのもあります。

ツアーといってもいろいろありますし、足立美術館に到着する時間もバラバラですが、開館時間から1~2時間もあれば比較的混雑していると思います。

もう1つは土日祝日・GW(ゴールデンウィーク)・お盆などの長期休暇・紅葉など春夏秋冬の見頃なシーズンは平日よりも混雑します。

そして1年の中で最も混雑する時期は「紅葉シーズン」です。

紅葉シーズンは平日・休日関わらず1日中混雑しています。

足立美術館の方に問い合わせたところこのような回答があったので、紅葉シーズンに行く方は早めの行動を意識した方が良さそうですね。

空いている時間帯は?

次に空いている時間帯についても問い合わせたところ、下記の時間帯がおすすめということでした。

お昼頃か16時頃であれば比較的空いています。

意外とお昼頃に空いているのですね~。

恐らく午前中のバスツアーや団体がお昼までに移動してしまうか、閉館近くになると空いてくるということですかね。

あとは16時頃から空いているということですが、閉館時間まで1時間か1時間半ほどしかないので、少し急いで鑑賞することになりそうです。

あとは土日祝日などの休日よりも平日の方が空いているので、平日に行けるよ!という方は平日の方がいいと思います!


見どころは日本一の庭園や芸術作品!

足立美術館の見どころと言えば、日本一の日本庭園や横山大観をはじめとする近代から現代の日本画・陶芸・童画などの美術品です。

庭園はアメリカの日本庭園ランキング1位に連続で選ばれるほど美しく風情があります。

季節によって庭園の顔も変わり、春夏は新緑・秋は紅葉・冬は雪景色とそれぞれ違った魅力を感じられます。

本館は庭園や近代日本画を中心に横山大観など名立たる日本画家の作品が並び、新館は現代日本画が展示され、院展を中心に活躍されている日本画家の作品を鑑賞することが出来ます。

著名な日本画家だけでなく、更なる活躍が期待される現代作家の作品も展示されているので、この機会にぜひ丁寧に鑑賞してみてくださいね。

まとめ

足立美術館の所要時間についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

回る時間は人それぞれですが、庭園のみでも1時間くらいかかるかなと思います。

混雑する時間帯は開館から数時間後から14時から16時までと予想されます。

空いている時間帯はお昼頃・16時以降であれば落ち着くと思うので、時間調整をしてみてくださいね。

足立美術館の見どころは庭園や横山大観などの日本画ですが、鑑賞しているうちに新たな芸術家や作品との出会いがあるかもしれないので、ぜひじっくりと鑑賞してみてくださいね!

ABOUT ME
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
都内在住のうさぎです❀ webの会社を経験後、今はフリーで働いています。 10年ほど前から一人旅や旅行に行くのが好きで、最近は2、3か月に1回のペースで関東近郊を中心に自然があるところに出かけています。 プロフィール詳細