イベント

フェスの服装男性編!春・夏・秋・冬のおしゃれコーディネートを紹介

フェスの服装男性編!春・夏・秋・冬のおしゃれコーディネートを紹介

フェスの服装で男子・男性は「どのようなコーディネートをすればいいのだろう?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

  • フェスに行くときのコーデが知りたい!
  • フェスに必要なアイテムは何がある?

今回はこのような「フェスはおしゃれなファッションで行きたい!」「機能性もあったらいいな」という方のために、フェスの服装で男性向けのコーディネートをご紹介します!

フェスで人気のあるブランドもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フェスの服装で春向けコーディネートはこれ!

フェスの服装男性編ということで、まずは春フェスの服装でおすすめなアイテムからご紹介していきます!

アウター:パーカー・マウンテンパーカー(ウィンドブレーカー)

トップス:Tシャツ・カットソー・シャツ

ボトムス:パンツ・ハーフパンツ

靴:スニーカー・トレッキングシューズ

小物:帽子・サングラス

春といっても寒暖差があり、3月などはまだ寒さが抜けません。

野外フェスの場合、パーカーウィンドブレーカーなど肌寒いときに1枚着られるアウターを用意しておいた方がいいです。

ザノースフェイスのマウンテンーパーカーは、おなじみのデザインですね!

ザノースフェイスのマウンテンパーカーはシリーズによって機能の違いはありますが、ゴアテックスシリーズ防水耐久性・防風性・透湿性があり、レインコートやウィンドブレーカーどちらの用途でも使えます。

フードも内側に収納が可能なタイプもあるので、雨が降ってきたときだけフードをかぶるという利便性もあります。

デザインもおしゃれですし1枚持っておくだけで、フェスはもちろんアウトドアや街中など幅広く使えるファッションアイテムですね!

フェス向けのウィンドブレーカーでおすすめなブランド

・THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
・Columbia(コロンビア)
・mont-bell(モンベル)

他にもこのようなブランドがおすすめなので、価格や機能性を比較して決めてみるといいと思います。

 

次にトップスですがTシャツカットソーなど、気温にや天気に合わせて長袖・半袖の調整をするといいかなと思います。
あとは5分丈・7分丈のカットソーは、春フェスや秋フェスのような季節に最適です。

私の場合、念のためTシャツシャツを荷物と一緒に持って行き、会場についてからどの組み合わせで着るか決めて預けることもあります。

あとはパーカー・ウィンドブレーカー・シャツなどを腰などに結んで寒いなと思ったときに着るという方法もおしゃれで簡単に調整出来ますよ!

 

パンツはワイドパンツやロングパンツなどいろいろありますが、春フェスでおすすめなのはDickies(ディッキーズ)のパンツです!

3月や4月の肌寒い時期を過ぎると秋冬もののパンツは少し暑く感じますよね。

綿が多く含まれている素材のパンツだと、通気性も良く野外フェスでも過ごしやすいです!

くるぶしくらいの丈であれば少し肌も出ますし、フェスでも日常でも使える万能なファッションアイテムです。

夏フェスはメンズレギンスとハーフパンツがおすすめ!

次に夏フェスの服装でおすすめなのはこちらです!

トップス:Tシャツ

ボトムス:パンツ・ハーフパンツ・レギンス

靴:スニーカー・トレッキングシューズ・長靴

小物:帽子・サングラス

夏フェスで注意したいのが、厳しい日差しと暑さです!

晴れた日の夏フェスでしかも野外フェスの場合は、1日中外にいるだけで肌の日焼けだけでなくも日差しのダメージを受けます。

男性も『ショートパンツ+レギンス』『ハーフパンツ+レギンス』のように、アウトドア向けのレギンスも一緒にはいて行くことをおすすめします。

メンズレギンスのおすすめブランド

・NIKE(ナイキ)
・adidas(アディダス)
・GRAMICCI(グラミチ)
・UNIQLO(ユニクロ)
・GU(ジーユー)

ナイキやアディダスは運動することも想定したレギンスが多く、速乾性伸縮性も考えられている印象です。

ユニクロ・GUは低価格ですが、どちらのブランドも速乾性・伸縮性の機能を備えています。

グラミチは柄の種類が豊富で、タイダイ柄・ノルディック柄・ボーダーなどアウトドアなどのイベントに着ていくのにぴったりですよ!

他の人と差をつけたいなら、グラミチのレギンスをおすすめします。

 

次に夏フェスでおすすめしたいファッションアイテムは帽子です。

1日中日差しに当たっていると頭皮へのダメージが大きいので、夏フェスに帽子は必須ですね。

また、つばが大きければ顔への日焼け対策にもなります!

フェスの帽子でおすすめなブランド

・THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
・Columbia(コロンビア)
・patagonia(パタゴニア)
・mont-bell(モンベル)

ザノースフェイス・コロンビア・パタゴニア・モンベルは、すべてアウトドアのブランドです。

中でもノースフェイスの帽子はゴアテックスシリーズという防水耐久性・透湿性素材を使用している帽子があります。

夏フェスは急に雨が降るということもありますし、さらに湿気を逃がしてくれるので、雨天にも強い帽子ですね。

秋フェスは上着や雨具の準備をしっかりと!

秋フェスの服装でおすすめなのはこちらです!

アウター:パーカー・ウィンドブレーカー

トップス:Tシャツ・カットソー・シャツ

ボトムス:パンツ・ハーフパンツ

靴:スニーカー・トレッキングシューズ・長靴

小物:帽子・サングラス

秋フェスは気温や天気の変化がある季節です。

9月は台風も多いので、行くときは雨天時の服装も必要になってきますね。

雨が降っていない場合でも、地面がぬかるんでいたりすることはあるので、念のため準備しておいた方がいいと思います。

フェスでは、ライブ中も動きやすく邪魔にならないレインコート長靴を持って行くのが最適ですよ。

kiuのレインコートは耐水性・透湿性のある生地を使っています。

先ほどのノースフェイスのゴアテックスで透湿性が出てきましたが、kiuのレインコートも湿気を逃がす機能があります。

耐水性も雨や雪など耐えられるくらいの生地なので、1枚あればフェスだけでなくアウトドアなどでも重宝するファッションアイテムですね!

フェス向きのレインコートでおすすめなブランド

・kiu(キウ)
Columbia(コロンビア)

 

日本野鳥の会の長靴は折りたたみ可能ショート丈・ロング丈の調整可能な万能アイテムです!

足の形もクセがなく、長靴の上からくるぶしくらいまで柔らかい素材になっているので、長時間のフェスでも疲れにくいと思います。

“B”というロゴもおしゃれですし、男女兼用なのでカップルコーデとして買うのもおすすめですよ!

フェスの長靴でおすすめなブランド

・日本野鳥の会
・HUNTER(ハンター)
・kiu(キウ)
・crocks(クロックス)

他にもこのようなブランドがおすすめなので、参考にしてみてくださいね~!

フェスの服装で男性の冬の防寒対策は?

冬フェスの服装でおすすめなのはこちらです!

アウター:パーカー・ウィンドブレーカー

トップス:Tシャツ・カットソー・シャツ

ボトムス:パンツ・ハーフパンツ

靴:スニーカー・トレッキングシューズ

冬フェスは屋内フェスが多いので、屋内でのおすすめなコーディネートをご紹介していきますね!

屋内フェスといっても冬なので、移動するときなどは少し寒いかなというときはあります。

しかしライブ中は激しい動きがある場合があるので、身動きが取りやすく暑すぎないファッションが冬フェスでは過ごしやすいです。

ボトムスは『パンツ』『ハーフパンツ+レギンス』というコーディネートが多いですし、屋内フェスであればそのようなファッションでいいと思います。

フェスのハーフパンツでおすすめなブランド

・Dickies(ディッキーズ)
・ユニクロ
・gu(ジーユー)

冬フェスのハーフパンツのコーディネートは、『5分丈+レギンス』という方などが多いです。

上記のディッキーズのハーフパンツのような形は5分丈でもすらっとしているので、男女ともに印象がいいと思いますよ。

冬フェスの服装で悩んでいる方はぜひ挑戦してみてくださいね!

まとめ

フェスの服装男性編をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ロックフェスを想定したコーディネートですが、アウトドア向けの服装でもあるので、いろいろなシーンで着回しが出来るファッションだと思います。

ウィンドブレーカーは1枚持っておけば十分ですし、ハーフパンツやレギンスなどはほとんどの季節で着ることが出来るので、この機会にそろえておくというのもいいですね。

フェスは1年中開催されていますし、フェスが初めてという方・慣れているという方も、ぜひ大人ファッションを目指してくださいね!

ABOUT ME
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
うさぎ(旅行・ライブ好きな主婦)
都内在住のうさぎです❀ webの会社を経験後、今はフリーで働いています。 10年ほど前から一人旅や旅行に行くのが好きで、最近は2、3か月に1回のペースで関東近郊を中心に自然があるところに出かけています。 プロフィール詳細